占い用語 あ行

■ 易

易というのは中国で生まれた占いでとても長い歴史がある。

周の時代にはまとめられたみたいで、その基になっているのは「易経」という経典だそうな。

その起源は殷の時代だと言われているが、現在の「易」になったのはなんと3千年前の中国、周王朝の時代だと言われているようだ。一つの占いが3千年も前に生まれて今なお人々に使用され続けているということが、すごい感動ですね。

「易」は周の時代に形がまとめられたので、「周易」と呼ばれているようだ。

また、「易」は「帝王の学」と言われているらしく、古代の中国では「易」を当時の国の政治に用いていたとされ、有名な孔子や朱子といった歴代の儒学者達にも重んじられていたようで、とても権威のある格式高い占いであったようだ。

現代でも「占い」のことを「易学」と呼び、「占い師」のことを「易者」と呼ばれているように、「易」が占いの代表のように人々に親しまれて、私達の生活に今なお利用され続けている。

易について少し掘り下げてみると、易では世の中の現象は全て「陰」と「陽」の二つからから成り立っていると考えられているようだ。私たち日本人は「陰」という字はあまり良いイメージを持たない人が多いだろうが、易の「陰」と「陽」というのはどちらが良いか悪いか、上か下か、というものではないとしている。

易の占い方法は、筮竹(ぜいちく)と呼ばれる細い竹の棒を50本、算木(さんぎ)と呼ばれる陰陽を表す角棒を使用して行われる。

「陰」は中央が欠けた横棒で表し、「陽」は欠けていない横棒で表しており、それが6つ重なったものを「卦」と呼び、これらは64の種類に分けられて、その「卦」を診て解釈することで占う。

また、筮竹を使わなければいけないということはないそうだ。

重要なのは「卦」を導きだすことなので、筮竹の代わりにコインの表裏やサイコロの偶数・奇数かでも占うことが可能。

ページのトップへ戻る