占い用語 さ行

■ 算命学/算命術

算命学は中国で発祥した占いで、干支暦を基にして高尾義政という人の手によって創られたものである。

人の運命を、生年月日にあてはめられている十干と十二支の組み合わせから、陰占と言われている干支と、陽占と言われている星を算出することで占うものである。

また、算命学は命を数字に置き換えてエネルギーを算出するというようなこともできるようだ。

ちなみに「算命学」という名称は、商標登録されているみたいなので、勝手にこの名前で商売なんかしてはいけない。気を付けておきたい。

■ 式神

式神とは、日本の平安時代の役職の1つである陰陽師が呪術に用いていた「精霊」のことをいう。

当時の日本では、陰陽師が国の厄災、異変をその占いによって防ぐことがとても重要な役割であった。

また、天文や気象の観測も行ったり雨乞いを行ったり、時刻を調べる役目もあったようだ。何でも屋みたいな役割だったのだろうか。

陰陽師は、式神を呪文で呼び出し、自分の手足のように使うことができたと伝えられている。

精霊である式神は、普段は人前に出ることは無く隠れていて、じっとしているものだといわれている。その姿は童子か鬼の姿をしていて霊的な力を持っていて、人を殺してしまうこともあったと言われている。

■ 四柱推命

四柱推命は中国の占いの一つで。中国の長い歴史によって培われてきた運命学とされている。生年月日時の干支をそれぞれ年柱、月柱、日柱、時柱の4つの柱で分析を行うので「四柱推命」という名前になったようだ。

四柱推命は、自分の内面を見つめるための学問でもあるとされ、驚くことにその人の一生を知ることが出来てしまう占いである。

四柱推命も数ある占いの中の一つとなっているが、一般的に想像する占いというものとは少し違っているようである。占いというよりも「運命学」という学問だという。これは占い師の占術の中に含まれてはいるが、どのジャンルにくくるのかが難しいようで、この占いが浮いている状態であるようだ。

四柱推命のその的中率は東洋の占術の中でも一番と言われていて、その占いの目的は将来に起こるかもしれない気配を事前に知り、悪いものは避けて、良いものはその流れを大きくする事だとされている。恐るべし四柱推命。

■ 守護霊

守護霊とはその名の通りで、あなたを守護する、守ってくれる霊である。

その霊は、一般的に先祖を始めとした血縁関係のある人たちの場合が多いのだが、時にはどこかで何かの縁があった他人の場合もあるようだ。

また、守護霊にもいろいろあるようで常に傍で見守っている過保護な守護霊や、フラ〜ッとしている放任主義の守護霊など様々らしい。そんないろいろな守護霊だが、どちらにしてもあなたを守ってくれる心強い存在である。

さらに、あなたの能力を大きく伸ばしてくれる守護霊や、あなたの性格や趣味嗜好、行動などに影響を与える守護霊がつくこともあり、一つだけじゃなく守護霊が複数つくこともあるようだ。

■ 神通力

神通力とは六神通という六種類の自在な力のことで、その力で思いのままにあらゆるものを見通すことが可能とするようだ。

神通力の内容は以下となっている。

・宿命通
先に起こることや過去を全て見通すことができる力

・天眼通
壁の向こう側や地球の裏側さえも、この世の事象を全て見通すことができる力

・天耳通
この世の大小さまざまな声、いかなる事でも聞くことができる力

・他心通
他人の考えていることを全て読み取ることができる力

・神足通
この世のはるか遠くの場所さえも思いのままに行くことができる力。

・漏尽通
煩悩が消え、何にもとらわれることなく悪い心をなくしてしまう力

■ 姓名判断/姓名学

日本でもわりとポピュラーな占いの一つで、人の姓名の字の画数でその人の運勢を占うものである。

一般的には、字の画数で天格・人格・地格・外格・総格からなる5つの格数(五運)を導き出すことで、その占い師の伝統的、経験的な解釈から運勢を読み解いていくものである。

流派がいろいろあるようで、流派毎にその鑑定方法が違っている。

五運の解釈の一例

・天格 (祖格)
姓の総画数。霊数は加えない。祖先運。その人が晩年になるにつれて、影響力が強く濃くなる。天格だけで吉凶は判断することはないが、姓と名の格数の関係が、姓名判断・姓名学では大切であるとされるようだ。

・人格 (主格)
姓の最後と名の第一字を足したもの。主運。姓と名の画数を使うので、姓名の中心であり五運の中核となるものとされている。同じ格数であっても、姓と名の画数の組み合わせによって強弱が変わるようだ。人の内側の部分をあらわし、家庭や仕事、結婚、中年期の運勢に影響を及ぼす。

・地格
名の画数の合計。一字名でもその人の性格を表す。霊数は加えない。幼年期の運勢を表すものである。人の成長に対して強い影響力がある。その人の性格や才能、金運、職業、性に関係がある。

・外格
総格から人格を引いた画数。一字姓、一字名の場合はそれぞれ霊数を加える。姓も名も一字の場合は2を加える。家族や職場などの外側の要素や、人間関係や社会環境などの一般的な運勢を表す。

・総格
姓名の総画数。霊数は加えない。その人の人生が進んでいくつれて影響が強く出てくるといわれ、老年期の運勢に大きな影響を及ぼす。

ページのトップへ戻る